*水玉舎の「水玉日記」です* 


by mizutama375
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0097871_241663.jpg
b0097871_243812.jpg

季節が一足飛びに巡ったような涼しさの8月の末、空の流れも何だか妙な感じ。
朝から頭痛がひどく、全く動けず食欲も出ず。一体どうしたものかと思うが、寝ることしかできず、えんえん眠る。ようようマシになり、体を起こして諸々所用を済ませ、向かうは扇町ムジカジャポニカ
久方ぶりにEttのライヴがあるので行ってきた。Ettのライヴを聴くのは3月の和歌山HERONでのライヴ以来だった。しかも、自分の企画だったので、ゆっくり聴く余裕がなかったので、じっくり堪能するのは一体いつぶりか、というほど。

久方ぶりのさゆりさんは、髪を切られて一層に可愛らしく、でも、その唄声は繊細さと大らかさを増してより一層に素晴らしかった。keiさんのギターも、さらに繊細で力強く。

その2日前には、中崎町のcommon cafeで渓さんのsolo。といっても着いた頃には渓さんsoloも終わっていて。何度か聴いた耳栓&目隠し奏法だったそうだけれど、「新しい弾き方&音色があった。 」とは、会場にいた方の弁。うー、こりゃもっと早くに着いとくべきだった・・・。大阪でsoloを聴けるのは9月4日のmartha姉妹店「rosie」での高岡さんとのライヴか。後は、9月7日に、3月にEttでライヴ企画させて貰った南海和歌山市駅前のHERONでもtuba高岡さんとライヴをされるとか。こりゃ行かねば!渓さんsoloは、カナカナさんと共同でした6月28日の「KEI SOLO GUITAR と アヲヤギツトミ」 以来かな。そういえば、あの日のことを報告するのを忘れてた・・・。

6月28日「KEI SOLO GUITAR と アヲヤギツトミ」のレポはこちら・・・
[PR]
by mizutama375 | 2008-08-31 02:02 | 音楽

きっかけ

b0097871_11555242.jpg

「playa」のフライヤーを配布して回っている。和歌山市内を中心に、大阪も。

もともとお店巡りをするのは好きだけれども、沢山のお店に頻繁に行けるわけでもなく、やっぱり仲良くなったお店とか、お世話になっているお店にしょっちゅう足を運ぶことになる。となると、そのお店に行くのはいっつもフライヤーを持って行く時、みたいなタイミングになってしまうお店もあったり。勿論、好きだからそのお店に行くのだけれど、きっと悪気はないんだろうな、「今日も何か宣伝があるんですか?」なんて言われてしまうと、申し訳ない気持ちになる。何かこう、自己都合の時ばっかり、みたいな感じがして。いやまぁ、お店に行くのに特別な理由なんてなくても良いんだ、と思うけれど。
きっかけが、たまたまフライヤー配り、という。



先日、隣人と仕事帰りに『100万円と苦虫女』という映画を観に行った。ベランダにネギが植えてあるのを見て笑い出した主演の蒼井優が、恋の相手役の森山未来と心を通い合わせるシーンが凄く良かった。きっかけはネギなんだな。何のこっちゃ、てな感じだけれど、きっかけって何てことないことだったりするのかも。



こないだの日曜日はBagusで満月ライヴ。対岸のマリーナシティで花火が上がるので花火につられて行ってみたら、運良く満月の日だったので投げ銭制の満月ライヴ。花火は遠く対岸で上がっても、クライマックスにはなかなかの迫力。花火の後のBagus Bandによる満月ライヴは、お盆ということで既に亡くなられたミュージシャンの唄のセレクト。とても染み入るものがあった。特に、どんとの「波」なんて、Bagusならではの素晴らしさがあったと思う。満月だったというのも大きな要因かな。満月の夜は良い音楽が聴ける確率がとても高いと聞いたことがある。
海辺に出ると丸く黄色く輝く月が水面の柔らかく広くその光を落としていた。こんな光景がどれだけ素晴らしいか、行ってみないとわからない。



何のきっかけでも、9月13日にはぷらっとBagusに沢山の方が来てくれれば良いのになぁ。あそこで聴くライヴの良さは、行ってみないと実感できない。きっかけが、二階堂和美さんだから、でも、Bagusだから、でも何でも良い。あそこで聴く音楽が格別というのは、行ってみたらすぐにわかるはず。しかも、9月13日は、月齢が13ぐらいとほぼ満月に近いのだ。きっと奇跡みたいに素敵な夜になるはず、と思っている。



2008年9月13日(土)、二階堂和美さんを海辺の"Bagus"にお迎えして3回目の「playa」を開催します!皆様のご予約、ご来場を心よりお待ちしております♪
[PR]
by mizutama375 | 2008-08-22 02:29 | 雑記

「グレイ」の中

b0097871_16211786.jpg

和歌山にもじゃんじゃん横丁というところがあって、その中にある珈琲屋さんの「もくれん」さんが何だか好きだ。「カフェ」っていうような風情でもなく、昔からある喫茶店、というほども店主さまは老いていないのだけれども。珈琲屋さん、という感じ。

メニューは安くてビックリするが、珈琲もカレーもとても美味しい(全部試した訳ではないけれど)。それもまた、珈琲屋さん、という感じ。

しばらくして、待ち合わせの方がいらっしゃった。初対面ながらもその様子がおかしくてとても印象に残っている。くつろぐ気満々の横柄さとでもいうのかな、そんな空気と、初めてお店に足を運んだ人が持つ緊張した空気が混ざって、ちょっと挙動不審。

珈琲を飲みながら、ひとしきり「playa」の話をして、後は雑談。最近二極化している、とか、したたかに生きる、とか、そんな話。

待ち合わせの方が帰ってから、また珈琲を一杯。
黒か白か、じゃなくて、その迷いの中にあるものが面白い、という話だったかな、それは店主さまの言。

帰り際に、珈琲の話。
近くにある味、と思ってても凄く遠くにある味、何でもないやん、と思ってても、全然わからない、それが凄く面白い、というのは、店主さまの尊敬している珈琲屋さんの珈琲こと。

ふむふむ、と思いながらチューブの調子の悪い自転車を漕いでいたら、帰りの電車の中でタイヤが破裂。



店主さまとは、「作り手が見えるのは面白いね」という話も。
最近はめっきり雑誌も買わなくなったけれども、アガサスは買おうかな、と思った。



2008年9月13日(土)、二階堂和美さんを海辺の"Bagus"にお迎えして3回目の「playa」を開催します!皆様のご予約、ご来場を心よりお待ちしております♪
[PR]
by mizutama375 | 2008-08-10 16:19 | 外出
b0097871_1622187.jpg

8月に入り、いよいよ夏真っ盛りとなり、毎日最高気温を更新しているんじゃあないか、と思えるほど暑い日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さてさて、タイトルにも書きましたが、新和歌浦の海辺にある海の家というか、カフェ・バーというか、とても素敵な「Bagus」で、2年ぶりに「playa」を開催させていただくことになりました。2年前、大好きなsakanaのお二人と、ソラネコのはたさとみさんに来ていただいて以来です(その時の様子はコチラ、あまりに感激し過ぎて感情的なレポになってるのが少々恥ずかしいですが・・・)。昨年、色々とタイミング合わずで結局開催出来ませんでしたが、チラホラと「今年はないんですか?」とのお問い合わせをいただき、有難いやら心苦しいやら。ようやっと、2008年に3回目を迎えることができました。

気になる出演者は、何と、二階堂和美さんです!!!この方も、とても大好きな方です。音源も素敵ですが、ライヴがもう、何といっても素晴らしい!1曲1曲が二階堂さんによって鮮やかに色塗られていくような、そんな感じです。とてもカラフルな、二階堂和美絵巻、とでもいいましょうか。1曲1曲、始まる度その歌声に引き込まれる、その瞬間はいつもいつもドキドキします。いや、ドキドキ、というか、ゾクゾクします。そして、はちきれんばかりの笑顔で歌う二階堂さんを見てワクワクと楽しい気分になるのです。そして、曲が終わる度、今度は自分の中からフワーッとこみ上げるものを感じるのです。この、筆舌に尽くしがたい魅力たっぷりの二階堂和美さんの歌声を、新和歌浦の波の音と楽しめるというのは、何とも贅沢な時間ではないでしょうか。

上の画像は、この「playa」のフライヤーです。いつも水玉舎の企画したライヴのフライヤーをデザインしてくれている和歌山在住のデザイナー兼イラストレーターの池田亜由美嬢に作って貰いました。彼女に二階堂さんの音楽を聴いて貰い、「この方が海辺で歌ってくれる、というところを想像してみて」という条件だけを出して、絵を描いて貰いました。これまたカラフルで素敵なフライヤーとなりました!感謝です。

2008年の「playa」、開催日は9月13日(土)となっております。
晩夏の余韻と初秋の匂いの立ちこめるこの日、日本の夕陽100選に選ばれた和歌浦湾が暮れゆく頃の開演となります。終演予定は8時頃です。大阪、京都など他府県からお越しの方にも電車でお帰りいただける時間かと思います。波の音とミックスされた二階堂和美さんの歌声をお楽しみに、是非、遊びにいらして下さい。



「playa」

 風光明媚な新和歌浦は網代浜にあるビーチ・バー"Bagus"にて、
 広島より虹色の歌声を持つ二階堂和美を迎え2年ぶりの「playa」を開催いたします。
 波の音と合わさったゆらりゆるりとした時間を楽しみにお越し下さい。

出演:二階堂和美
guest:グッチ(パーカッション、他 from 赤犬、ミニマムス)


2008年9月13日(土)
開場:17時 開演:18時(終演20時頃予定)

会場:新和歌浦Bagus 和歌山市新和歌浦2-2 木村屋旅館下 tel.073-444-2559
    
料金:ご予約/3000円 当日/3500円

ご予約・お問い合わせ:
水玉舎
http://mmmizutama.exblog.jp/i9/
mizutamasha07@gmail.com
(ご予約の方は上記メールアドレスまで、件名に「9月13日予約」とご明記の上、お名前・枚数・ご連絡先をお知らせ下さい。)


二階堂和美プロフィール:
広島県出身。90年代中頃からギターと声を中心とした制作、ライヴ活動を始める。あらゆる感情の振れ幅を表現してしまう歌声と、ステージでの立ち居振舞いまでを含めて全身から音楽を紡ぎ出すようなやり方で、それがギターの弾き語りであれ、他アーティストの共演であれ、余人の追随を許さない輝きを放つ稀有な歌い手として広く知られている。 全世界から注目を集めているその活動は、国内の小さな会場からFUJI ROCK等の大型フェスまで、さらには海外からも熱烈なラヴ・コールを受けるほど。最近では、日産自動車"マーチ"テレビCMへ歌唱提供。同曲を収録したミニアルバム「ハミング・スイッチ」リリース。また、今秋にはカヴァー曲ばかりのアルバムをリリース予定。
http://www.nikaidokazumi.net/

ご来場方法:
●電車でお越しの場合
○南海電車
南海本線「和歌山市」駅下車、
和歌山バスに乗り換え「新和歌浦」下車、徒歩5分
[和歌山バス]
6番乗り場 35系統/16:25 17:25
10番乗り場 4系統/16:55
10番乗り場 30系統/16:25 17:25

○JR
JR「和歌山」駅下車、
和歌山バスに乗り換え「新和歌浦」下車、徒歩5分
[和歌山バス]
2番乗り場 24系統/16:20 17:20
2番乗り場 30系統/16:50

*各駅より新和歌浦までは30分弱です(JRの30系統のみ40分弱)。

●お車でお越しの場合:
阪和自動車道 和歌山IC「新和歌浦」方面和歌山城を過ぎて、大浦街道「築港」交差点左折、トンネルを抜けて突き当たり信号右折 左側に「木村屋旅館」があり、その下にBagusはあります。
*お車でご来場の方は徒歩5分以内の漁港内一般有料駐車場までお願いします。
b0097871_142221.jpg


Bagusの写真はこちら・・・
[PR]
by mizutama375 | 2008-08-02 15:55 | 告知