*水玉舎の「水玉日記」です* 


by mizutama375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0097871_11561596.jpg
11月17日 於 小野町デパート3階

b0097871_1157830.jpg
11月18日 於 お茶屋さんとギャラリー カナカナ




たくさんの方々のご協力により、大盛況のうちに終えることが出来ました『Ett、晩秋の和歌山ツアー』。Ettのご来和2回目にして2日間もライヴをしていただけるなんて、なんとまぁ無謀なことをかましたのだ私、と思っていましたが、関わって下さる方々とEttの音楽の素晴らしさに背中を押していただきながら、無事に開催、成功となりました。本当に皆様に感謝です。勿論、足を運んで下さったお客様にも大変感謝です。遠くは東京からのお客様もいらっしゃったり・・・凄い!ご興味持って下さったお客様にも感謝、前回のライヴから好きになって下さったお客様にも感謝です。

ライヴの内容についてですが、感無量の極みゆえ、うまく言葉にする術を知りません。何を書いても足りない気もするし、何を書いても書き過ぎているように思います。なので、お越し下さったお客様とスタッフとして助けてくれた友人とお店の方々の胸のうちで、ひっそりこっそり、そして大いに楽しんで貰えれば。あの日々の感動をお越しいただけなかった多くの人に伝えたい、という気持ちは勿論ありますが、ライヴはその場にいてこそライヴ、かな、とも思います。耳に目にして下さった感動はその人のもの。

2日間という連続した日程で、私「水玉舎」が主催でイヴェントをするのは今回が初めてでした。たくさんの方々に関わっていただくことになり、どうしようどうしよう、とテンパってしまうこともありましたが、その関わって下さったたくさんの方々のお力添えで、何とか持ち直せました。至らぬところだらけで気になる点を持たれた方もたくさんいらっしゃったでしょう。でも、あたたかい目で見守り、時には自ら動いて助けて下さった方々の優しさには本当に感謝です。どうもありがとうございました。

お越し下さったたくさんのお客様、17日会場「小野町デパート」の源じろうさん、スタッフの方々、音響機材を手配して下さった「和歌山音楽愛好家フォルテ」の花光さん、18日会場お茶屋さんとギャラリー「カナカナ」のカナさん、カナカナを手伝って下さった岡さんオザザさんフーさんウッキーさんイズミさんGRIさんノブさん、いつも素敵なフライヤーを作ってくれ、keiさんにとても格好いい和歌山城Tシャツを作ってくれたあんちゃん、カナカナでの演出用の器を作ってくれた山本知絵ちゃん、たくさん宣伝して何かと手伝ってくれた和歌山ローカルSNS「Hi-Fa!」の運営者フナイくん、何もいわず楽しみながら手伝ってくれる友人さっちゃんと隣人、何かと力を貸して下さったたくさんの方々、そして、最後になりましたが、わずか半年のうちに和歌山までお越し下さり2日間に渡り素敵なライヴをして下さったEttのお二人と阿部万里江さん、本当にどうもありがとうございました!和歌山をご堪能いただけたようで、これからも折々にお越しいただきたいと思います。

本当に、皆様ありがとうございました!!!!!

続きはこちら・・・
[PR]
by mizutama375 | 2007-11-24 11:55 | 音楽

いよいよ明日から

b0097871_361535.jpg

Ett、晩秋の和歌山ツアーです。

ちょっぴりの不安と、大きな楽しみとで眠れません。



画像はドリンクチケット。
[PR]
by mizutama375 | 2007-11-17 03:06
b0097871_1201091.jpg

いよいよ今週末となった『Ett、晩秋の和歌山ツアー』

この土曜日は、18日の会場となっているお茶屋さんとギャラリー「カナカナ」さんで、演出リハーサル。お願いしていた山本知絵さんの器の出来上がりも楽しみに、期待に胸を膨らませて向かった。カナカナの店内に上がって、思わず「あっ」と声を上げた。目にした5つの器は、一つ一つに物語りがあって、でも、きちんと繋がりがあって。想像以上に素敵な出来上がり!作ってくれた山本知絵さんは、前回、今回とチラシを作ってくれた、とても信頼している「あんちゃん」の友人ということ、前回のEttライヴにも来てくれていてEttの事を好きと言ってくれていること、それだけでもうお任せ出来ると思い、「必要としている器の個数は5つほど」「うち1つは他の器よりも大きいこと、出来るだけ大きく」という条件だけをお願いしたのは3ヶ月ほど前のこと。本当に、素敵なものを作ってくれた。感謝。あれこれ考えながら器を縁側に置き、水を張り、ローソクを入れて灯をともすと、可愛らしくも情緒のある空間が出来上がった。リハが終わって、灯を消すのが勿体なかったなぁ。

当日は、上記画像の縁側を背景に、Ettのアンプラグドライヴ!天気予報によると18日は晴れるようなので、ローソク消える心配もなく楽しめそう。まぁ、女心と秋の空、とはいうけれど、確か私は一途なはずだし・・・大丈夫、大丈夫。

b0097871_213911.jpg

今日は、和歌山ローカルのSNS「Hi-Fa!」のネットラジオの収録の為、17日のEttライヴ会場となっている小野町デパートのカフェゑびすへ。閉店後のひっそりした店内にEttをずっとかけて貰い、そのHi-Fa!運営者のフナイさんを進行役に、小野町デパート経営者の源じろうさんと一緒に収録して頂いたのだった。人前で話をすること、よもや、顔もわからぬ相手に向けて話をすることがあろうとは・・・。話を始めるまで何とも心落ち着かず、しかも、試し撮りの音声を聞かせて貰うと、自分の声の変な感じに愕然・・・・・・。ところが、源じろうさんが出して下さった珈琲とみかん(めちゃウマ!)をアテにぼちぼちと話始めていくうちに、源じろうさんも私もだんだんリラックスしてきたのかEtt話も熱を帯びてきた。やっぱり独特の響きが良いなぁ、なんて思いながら、結局あれやこれやと話していくうちに、予想以上の収録量になった模様。。。でも、実際upされたものを聴いたら、自分の声にまた愕然とするのだろうなぁ。いやいや、その辺りもきっとフナイさんが巧いこと編集して下さるはず。うーむ、そわそわ。(いつupされるかわかりませんが、Hi-Fa!参加者じゃないと視聴出来ないかもしれません。)



さぁ、いよいよ今週末となりました、『Ett、晩秋の和歌山ツアー』。
5月の初回ライヴで大好評を頂いたおかげで、予約状況もなかなかです。でも、まだご予約受付しておりますので、ご興味を持って下さった方は是非!上記のHi-Fa!でも取り上げていただいております。素敵な紹介ページに、何と、試聴もしていただけます。
http://www.hi-fa.net/people/ett/



『Ett、晩秋の和歌山ツアー』

Ett(エット)プロフィール
http://www.couplabel.com/ett/
Kei(gt.ex.花電車)と西本さゆり(vo.)によるデュオ。
ガットギターと唄のみで、日本語本来の響きを大切にし、感傷に流されずに人の心を打つ歌作りを目指す。ようやく結成5年目を迎え、2007年発表する 3rdアルバムはひとつの区切りであり新たな出発点である。結成当初の1stアルバム「Ett」(CCD-005)、ゲスト奏者も多い2ndアルバム「テンカラ」(CCD-008)もひっそりとロングセールを続けている。
・最近の共演者・・・ふちがみとふなと、オクノ修、いとうたかお、フェルナンド・カブサッキ、他

♪11月17日(土) @小野町デパート3階
 開場:16時 開演:17時
 ゲスト奏者:阿部万里江(アコーディオン)

昭和2年に建造され今年で築80年を迎えるアンティークなビル。
ルネサンス様式を踏襲した素敵なこのビルは、天井が高く、響く音の素晴らしさといったらありません。3階の大きな窓からは、和歌山市の町並みは勿論、雄壮な和歌山城もお楽しみいただけます。
5月の初ライヴでは、Ettの素晴らしさは勿論のこと、西本ビルの持つ雰囲気の良さ、音響の良さから、大好評を博しました。今回は、スペシャルゲストにアコーディオン奏者の阿部万里江さんをお迎えしてのライヴです。

♪11月18日(日) @カナカナ
 開場:17時 開演:18時

古い日本家屋を改造した、ほっこり和めるお店。ひょうたんで作られたランプが不思議な模様を映し出す店内には、ゆるゆるとした時間が流れています。
当日は、和歌山の作陶家山本知絵さんの器と、ロウソクで演出した坪庭を背景に、アンプラグドのお座敷ライヴを行います。

*料金*
17日・18日両日ともに 
   前売り1,800円、当日2,000円(いずれも飲み物代500円別途要)
特別2日通し券 
   10名様限定ご予約のみ 3,000円(両日各々飲み物代500円別途要)

■小野町デパート3階
 和歌山市小野町3-43 西本ビル3階(南海和歌山市駅より徒歩約10分)
 tel:073-425-1087
 小野町デパートのHP
  http://www.onomachi.jp/

■お茶屋さんとギャラリー カナカナ
 和歌山市田中町5丁目1-2(JR和歌山駅より徒歩約5分、ハローワーク向かい)
 tel:073-412-5222

○予約方法
 以下アドレスに「Ettライヴ予約」と件名にご明記の上、お名前、参加希望日、人数、ご連絡先をお知らせ下さい。
  playa_song@yahoo.co.jp(水玉舎)
 もしくは、各日ライヴ会場(17日:小野町デパート、18日:カナカナ)まで。

○問い合わせ先
 playa_song@yahoo.co.jp(水玉舎)
[PR]
by mizutama375 | 2007-11-12 01:16 | 外出

ツアー・ツアー・ツアー

b0097871_0574190.jpg

b0097871_135119.jpg

わずか半年ぶりに再びEttが和歌山に来て下さる、ということで、先日から和歌山に行ってはチラシを配布して宣伝活動をしている。(11月17・18日の『Ett、晩秋の和歌山ツアー』詳しくはこちら!

「こんにちは、お久しぶりです」のお店から、「こんにちは、お店でお会いするのは初めまして、ですね」のお店、「初めまして」のお店まで。和歌山にもたくさんのお店がある。そして、良いお店が多い。一昨年、昨年とイヴェントさせていただいたBagusを筆頭に、地の利を活かしたお店が多いのも、和歌山のお店の魅力の一つ、大きなところだと思う。

今日は、マリーナシティ近くの浜の宮海水浴場前の、Canta del Solへ。
道中、とても綺麗な夕景に目を奪われながらの自転車行脚。(上記画像がそれです。)進行方向右側に、松林と海に沈みゆく太陽、左側に大根畑。深まりゆく秋の爽やかな空気の中、このような景色に出くわしては、「私は今、世界で一番格好良い自転車乗り」なんて、うっかり思いこんでしまうもの。爽快だった。

Canta del Solの店主さまのKさんとちらほらとお話しつつ、窓の向こうに沈みゆく太陽に目を遣る。今日の夕陽は格別に綺麗だった。何故だろう。この季節特有の雰囲気、というか、空気感、というか。

そうこうしているうちに、お店に福井幹さんというミュージシャンの方がみえて、ぼちぼちお話しながら、テラスに出たりして、本当に、美しい夕陽と、太陽が沈んだ後の海から空へのグラデーションを堪能した。趣深い時間。

b0097871_1133354.jpg



遠く海南市の方まで行脚した後、和歌山市内に戻り、素敵な雑貨屋さん兼カフェのHummingbirdへ行くと、最近、とても気になっていた方にバッタリ初対面。いや、偶然偶然!この方とこの方のされていること(気になる方はコチラ)については、また、後日。
[PR]
by mizutama375 | 2007-11-04 00:51 | 外出