*水玉舎の「水玉日記」です* 


by mizutama375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

菊その2




ずっとお気に入りだった花火の名前は、「冠菊」というそう。
柳みたいになるやつ。

あああ、毎日でもいいよ、花火大会。
いつか、土浦の花火品評会に行ってみたいなぁ。
いつか見た、長良川の全国選抜中日花火大会もとても綺麗だった。(あら、今週末じゃあない。)
地元の紀の川祭りだって凄い。
あんな間近で見られるのが迫力あって、いい。
山に挟まれてるから残響音が物凄い。

おー、夏だ。

今日の花火はちょっとはみ出た半月と共に。
場内アナウンスのおじさんが、エエ味出しまくり。
花火が上がり始めて焦りだした観覧客に「花火は逃げません」だとか、そろそろ終盤にさしかかろうかという時に「ぼちぼちお帰りの頃合いを見計らった方が良いのではないでしょうか、と思われます」とか。あんなに大きな会場でのアナウンスで、提案型は新しいねぇ。高圧的なところがないのがいい。最後の挨拶の始まりが、「いやぁ〜、綺麗でしたねぇ〜」なんて、まるで仕事モードでない、あくまで一観客。

座り込んだところに仕掛けか、お尻にも白い模様のお土産・・・。
[PR]
by mizutama375 | 2007-07-26 01:17





夏の始まり。
昨日には梅雨も明けた。
[PR]
by mizutama375 | 2007-07-26 01:03

邂逅の日々

b0097871_1603817.jpg

画像は、去る6月3日に新世界BRIDGEにて行われた「shift!vol.2」の、リハ中。
梅田哲也さんの音が出る機材(お米を使ったり?炊いたり?して面白い)を、興味深そうに群がる他の出演者達。

この日は、岩田江(sax)、梅田哲也(内容未定)、高良久美子(percussion)、 津山篤(guitar, vocal, etc.) 、Haco(vocal)、芳垣安洋(percussion)、 ヨシムラエリ(animation) という豪華な面々が、BRIDGEを処狭し処広しと、縦横無尽、神出鬼没に出演されていた。何とも面白い一夜だった。ここでしかありえないような、まさに、タイトルにもあるように「BRIDGE使い倒し!」なイヴェント。いくら語ったところでこの面白さは、この場に居たことに勝ることは絶対ないし、勿論どんなライヴやイヴェントでもそうだと思うけれど、この夜は何といっていいやら。この日だけの贅沢な時間。

企画された73plannningのお二人さま、お疲れ様でした。楽しい時間をどうもありがとうございました。



28日は、超絶ギタリスト鬼怒無月さんのタンゴバンド、SALLE GAVEAUのライヴがこれまたBRIDGEで。他に出演されていたイノウラトモエ(かっこいいバンド!)や、先日和歌山に来て下さったEttの新作「無茶の茶」にアコーディオンで参加されている阿部万里江さんのバンド、地中池、なども出演されていたが、仕事で間に合わず。最後のSALLE GAVEAU、凄かったなぁ・・・。やばーいやばーい、と思っていると、私も前の方でイノウラトモエのお3人も、やばーいやばーい、といった様子でキャハキャハされているのが、とても微笑ましくて良かった。



7月7日、まさに邂逅の日の七夕は、「SONGS+」。

千野秀一
×
おおたか静流+巻上公一
倉地久美夫+稲田誠
bikemondo(西崎美津子)+青野忠彦(SUSPIRIA)

これまたBRIDGEにて。ピアニスト千野さんとの邂逅の日。またも仕事で遅くなって途中からしか聴けなかったけれど、面白い夜だった。倉地さんが、他の誰かと一緒に演奏するのを拝見するのは初めて。終演後、おおたかさんが、カフェスペースで突然、子供のための音楽時間を始められたのがとても素敵で印象的だった。あれは何の曲だっけ、九州弁みたいなので唄われる曲。NHKの子供番組で唄われてた唄かなぁ。『でんでらりゅうが出てくるけん でんでらりゅうが出てこんけん』と唄っているようにきこえた。突然のこと、こういうのもその場に居合わせていなければ体験できないこと。



7月でBRIDGEが閉鎖される。
残念だなぁ、まっこと残念。ここで沢山の音楽と沢山の人に出会わせて貰った。好きな場所。そして、お世話にもなった。イヴェント事では特にお世話になった。19日から22日までの、最後のこの豪華な日々に、私も及ばずながらお手伝い。

これで、この値段なんて、安過ぎるー!必聴、必見とは、まさにコレ。



「11th Festival Beyond Innocence 2007〜FINAL〜」

19(木)18:00 open 19:00 start
20(金)18:00 open 19:00 start
21(土)12:00 open 13:00 start
22(日)11:00 open 12:00 start

最終回になるフェスティバルビヨンドイノセンス。
今回は4日間即興三昧です。

■19日■
あふりらんぽ
井上経康
内橋和久
オシリペンペンズ
Optrum(伊東篤宏+進揚一郎)
ふちがみとふなと
FRATEN
popo(江崎將史、山本信記、喜多村朋太)
山本精一


■20日■
UA
内橋和久
おおたか静流
gulpEpsh
竹村延和
二階堂和美
Haco
PAAP[パーパ](稲田誠、水谷康久、香取光一郎)
FUTA9082
マイクロふとし(森山ふとし、オシロスコッティ、栗原ペダル)
MUTANT(岩田江、井上智士、水谷康久)
山本精一
吉田達也


■21日■
アキビンオオケストラ
アルタードステイツ
今井和雄
Won Jiksoo
内橋和久
梅田哲也
大谷安広
OORUTAICHI
かきつばた
Carl Stone
KK.NULL
小島剛
Samm Bennett
sim(大島輝之、大谷能生、植村昌弘)
STYLE(井上智士、塩入基弘)
外山明
高橋悠治
千野秀一
チョモランマ
天鼓
どらビデオ
にかスープさやソース
neco眠る
野村誠
灰野敬二
半野田拓
不破大輔
BOGULTA
巻上公一
村上ゴンゾ
吉田達也
XEXI-(山本精一、楯川陽二郎、元山ツトム)

■22日■
有馬寿純
一楽儀光
稲田誠
今井和雄
Won Jiksoo
内橋和久
梅田哲也
江崎將史
おおたか静流
大谷安広
大野由美子(バッファロードーター)
OORUTAICHI
勝井祐二
川端稔
gulpEpsh
Carl Stone
KK.NULL
小島剛
佐々木匡士
ササキヒデアキ
skist(いとうはるな、Samm Bennett)
千住宗臣
外山明
高橋悠治
竹村延和
田中悠美子
千野秀一
テニスコーツ
天鼓
ナスノミツル
二階堂和美
西川文章
野村誠
灰野敬二
Haco
半野田拓
不破大輔
HEMLEN(古太郎、恵良真理、植村昌弘)
巻上公一
三田村管打団?
森山ふとし
山本精一
山本達久
山本信記
芳垣安洋
YOSHIMI
ZAK

※各日の並びは出演順ではありません。
※あくまで現時点での仮組みですので、予告なしに一部変更することがあります。
※FBIの主旨としまして、原則的にタイムテーブルは公開致しません。あしからずご
了承ください。

ADMISSION:
19・20 前売¥2500 当日¥2800
21・22 前売¥3500 当日¥4000
4days ticket ¥10000
3days ticket ¥8000
※各日別途ドリンク代¥300要
※3/4days ticketは予約のみ受付

新世界BRIDGE
大阪市浪速区恵比須東3-4-36 フェスティバルゲート8F
http://www.beyond-innocence.org/

INFO:
06-6634-0080
beyond_innocence_bridge@yahoo.co.jp
[PR]
by mizutama375 | 2007-07-15 15:58 | 音楽

雨間に

b0097871_19150.jpg

今年も母から届いた桃。
思い返せば、昨年も桃の事を書いていた。

今年も良い感じのお尻っぷり。でも、昨年のと比べると、ちょっとまだ固くて白い。白桃とはいえ、和歌山の桃は、ちゃんと「桃色」なのだ。(って昨年もコレ書いたな・・・。)

近くにいる、日々お世話になっている方々にほんの少しずつのおすそ分けをした。「初物や〜」とのお声をちらほら頂いた。季節のお届け、って何だか良いじゃあない。



昨年の日記でも桃とセットに書かれていた朝顔。今年はまだまだ双葉を出したばかりで、花が咲くのは夏のうちに間に合うのかしら、というところだが、何と何と、また一つ、違う鉢から新しく双葉が出てきた。さらにその鉢には、また別の種が発芽しようとしているのを発見。いやまったく朝からうれし驚き。カメラ触わってる場合じゃなかったけれど。

産毛のある本葉と違って双葉は栄養を吸い取られてすぐにシワシワになっていく。でも、柔らかい光沢を放つ双葉の瑞々しさといったらないなぁ。

続きはこちら・・・
[PR]
by mizutama375 | 2007-07-13 01:07 | 雑記

わたぼうけ

b0097871_1595738.jpg

これまた以前のことだけれど、洗濯物を取り込んでたたんでいたら、ハンカチにアメンボみたいな綿帽子がくっついていた。ほわほわしていて、とても可愛らしい様子なので、温かい気持ちと一緒に部屋に舞い込んで来てくれたように思えた。土に播くと、何が生えてくるのだろう。やっぱり蒲公英かしら。

土に播く、といえば、昨年、たくさん花を咲かせてくれた朝顔も、今年はバタバタとした状況が続いたので、昨年なった種の種植えはおろか、何のお手入れも出来なかった。放っておいたまんまなのに、先日、布団を干しにベランダに出ると、鉢の一つに緑の小さいのんが、芽を出していた。昨年の種がはぜて、そのまんま土に埋まって、そして、不意に芽を出してくれたのだろう。嬉しいやら申し訳ないやら。

続きはこちら・・・
[PR]
by mizutama375 | 2007-07-06 01:59 | 雑記

求心力と波及力

b0097871_2522088.jpg

随分と遅くなってしまったけれど、去る5月20日、和歌山は西本ビルの3階「源's bar」での、Ettライヴについて。
本当は、もっと前に書くつもりで何度か投稿を試みるも、失敗が続き・・・でも再挑戦。2月もまたいでしまったけれど、私の中では今更感なんてない。きっと、あの日の素晴らしい余韻がまだまだ残っていて、時折ふわっと浮かび上がってきては、私を温かい気持ちにさせるからに違いない。

続きを読む
[PR]
by mizutama375 | 2007-07-02 02:49 | 音楽