*水玉舎の「水玉日記」です* 


by mizutama375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

7→8.

b0097871_14494577.jpg

さて、大晦日。

今年も沢山の方々に助けられながら、何とか1年楽しく過ごしてこれました。
特に、今年はライヴの企画を始めて3年目、何かと節目といわれる3年目に、ようやく私自身の屋号を持ち、「水玉舎」としてパンデイロ奏者の小澤敏也さんを中心としたイヴェント『PERCUSSION CROSSING』に協力させて貰ったり、名古屋の至宝の唄うたいEttのライヴを2回、しかも先日の晩秋のライヴでは2日間もライヴをして貰ったりと、楽しい時間を何度も持つことが出来ました。
水玉舎は今のところ私一人だけでありますが、沢山の方々にお力を貸して頂いております。本当にどうもありがとうございます。

細々とではあるものの、こうした企画ごとをしていると、人と人との繋がりというものは本当に大事だなぁ、とつくづく思います。あ、企画ごとをしていなくても、きっと大事なものなんだろうと思いますが。一つ一つの企画に心を込めて進めていると、いつの間にか沢山の人が協力してくれ、そしてその人たちがまた別の人たちを呼んでくれる。少しずつ、少しずつではありますが、輪が大きくなっていっているのかな、と思えた1年でした。

お力を貸して下さった方々、見えないところでお手を貸して下さった方々、本当にどうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。



さて、先日のEttの『晩秋の和歌山ツアー』が、数日後に本番を迎えようかという頃に、東の方にいる友人から突然の連絡がありました。湘南辺りでイヴェントをちょくちょくやっている友人、もとはといえば、メキシコであった友人の友人で、正直そんなに沢山遊んだりしたことはなかったけれど・・・・・・。
その友人が、鎌倉にある素敵なカフェ「cafe goatee」でそこの店主さまとお話していた時のこと、ちょうどEttがかかってきて、これは誰なのか聞いたら、「Ett(エット)」との答え。そこで、ふっとこの「水玉日記」を思い出してくれたのだとか。goateeでは9月にEttのライヴがあったのだ。

そんなひょんな繋がりで、来年2月、とある来日ミュージシャンの初来日ツアーの大阪公演のお世話をすることになりました。Jason Kleinbergという、サンフランシスコのミュージシャンで、フィドルやギターであたたかい歌をうたう人。勿論、私はこの人のことを知らなかったのですが、送って貰ったCDがとても素敵で、最近のヘヴィーローテーションとなっております。

場所は、私の大好きなカフェ「martha」!!!もし、私がもっと細身で華奢で色白で可愛い女の子だったら、ここで働きたいなぁ、と乙女な妄想をしてしまう素敵な素敵なお店。でも、ライヴのブッキングはというと、ブルースからジャズ、はたまたどこの国ともわからないような音楽だったり、と幅広いラインナップが魅力の良いお店であります。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。



- Cafe Goatee Presents -
J.Kleinberg & 宗田佑介 Japan Tour 2008

2月16日(土) 横須賀走水海岸 かねよ食堂
2月17日(日) 鎌倉 Cafe Goatee
2月19日(火) 名古屋 K・D Japon
2月20日(水) 京都 Cafe ZANPANO
2月21日(木) 松山 松山旅人のカフェ
2月22日(金) 大阪 dining café+goods martha (←水玉舎のお世話日は此方!)
2月23日(土) 浜松 Esquerita68
2月24日(日) 鎌倉 Cafe Goatee

総合予約&問合せ: Goatee (info@cafegoatee.com、090‐8430‐9708)

協力:
cafe the eel、Peacenic、ナガラガワ・トライアングル、水玉舎、うらす梅本歯科


出演者紹介:

J.Kleinberg(ジェイソン・クラインバーグ):
http://www.jkleinberg.com/
http://www.myspace.com/jkleinberg
サンフランシスコ在住。これまでに2枚のソロ・アルバムをリリース。他に、BeulahやPaula Frazerはじめ多数のバンドやアーティストの作品/ライヴにヴァイオリン・プレイヤーとして参加している。また、ガンビー(米で有名なキャラクター)の生みの親Art Clokey氏のドキュメンタリー映画のサウンドトラックを手がけたりも。シンガー・ソングライターとしてだけでなく、プレイヤー/コンポーザーとしても高い評価を得ている。
そこはかとなくローファイ感をたたえたアコースティック・サウンド、、、ときにドラマチックに美しく、ときに愉快に軽やかな楽曲達、、、その音楽は優しく温かな空気に溢れている。
初となる今回の来日では、ギターとヴァイオリンをとっかえひっかえ、アルバムの雰囲気そのままに楽しく温かなパフォーマンスを披露してくれることだろう。

宗田佑介(Yusuke Muneta):
http://www.munetayusuke.net/
http://www.myspace.com/yusukemuneta
神奈川県藤沢在住。「Paper Camel」(04年)、「Lens」(06年)とこれまでに2枚のアルバムを発表。CD-Rやカセットテープ作品などは他にも多数。
ハイペースでポロポロと生み出されるグッド・メロディの数々、、平素なことばで日常・心象を切り取る独自のセンス、、ソングライターとしても詞作家としても、その才能には定評がある。スタジオ“Boro Kitchen”を運営し、他アーティストのプロデュースなども手がける。
神奈川・東京を中心に、ときにはアコースティック・ギター弾き語りで、ときにはバンドを従えライヴ活動をおこなっており、また、他アーティストとのユニットやコラボレーションなども幅広く展開している。全国規模のツアーは今回が初となる。

moto(前原本光):
http://blog.livedoor.jp/cafetheeel
cafe the eel代表。演奏活動の他、音楽制作やイヴェント企画・運営など幅広く活躍中。今回のツアーでは、各種鍵盤楽器(アコーディオン、ピアノ、メロディカなど)で宗田佑介のステージにサポート参加。

2月22日(日) 大阪 dining café + goods martha
http://www.marthanet.com/
open 18:00/start 19:30
予約\2,000/当日\2,500 (ご飲食代別)
予約&問合せ:
水玉舎( mizutamasha07@gmail.com )



2月22日、222で、「フーフーフー」の日、つまり「who?who?who?」の日です。
「Jason Kleinbergって誰?」と気になられた方は、是非お越し下さいませ。



それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by mizutama375 | 2007-12-31 14:55 | 雑記