*水玉舎の「水玉日記」です* 


by mizutama375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

晩秋の和歌山は風情があって趣深かった

b0097871_11561596.jpg
11月17日 於 小野町デパート3階

b0097871_1157830.jpg
11月18日 於 お茶屋さんとギャラリー カナカナ




たくさんの方々のご協力により、大盛況のうちに終えることが出来ました『Ett、晩秋の和歌山ツアー』。Ettのご来和2回目にして2日間もライヴをしていただけるなんて、なんとまぁ無謀なことをかましたのだ私、と思っていましたが、関わって下さる方々とEttの音楽の素晴らしさに背中を押していただきながら、無事に開催、成功となりました。本当に皆様に感謝です。勿論、足を運んで下さったお客様にも大変感謝です。遠くは東京からのお客様もいらっしゃったり・・・凄い!ご興味持って下さったお客様にも感謝、前回のライヴから好きになって下さったお客様にも感謝です。

ライヴの内容についてですが、感無量の極みゆえ、うまく言葉にする術を知りません。何を書いても足りない気もするし、何を書いても書き過ぎているように思います。なので、お越し下さったお客様とスタッフとして助けてくれた友人とお店の方々の胸のうちで、ひっそりこっそり、そして大いに楽しんで貰えれば。あの日々の感動をお越しいただけなかった多くの人に伝えたい、という気持ちは勿論ありますが、ライヴはその場にいてこそライヴ、かな、とも思います。耳に目にして下さった感動はその人のもの。

2日間という連続した日程で、私「水玉舎」が主催でイヴェントをするのは今回が初めてでした。たくさんの方々に関わっていただくことになり、どうしようどうしよう、とテンパってしまうこともありましたが、その関わって下さったたくさんの方々のお力添えで、何とか持ち直せました。至らぬところだらけで気になる点を持たれた方もたくさんいらっしゃったでしょう。でも、あたたかい目で見守り、時には自ら動いて助けて下さった方々の優しさには本当に感謝です。どうもありがとうございました。

お越し下さったたくさんのお客様、17日会場「小野町デパート」の源じろうさん、スタッフの方々、音響機材を手配して下さった「和歌山音楽愛好家フォルテ」の花光さん、18日会場お茶屋さんとギャラリー「カナカナ」のカナさん、カナカナを手伝って下さった岡さんオザザさんフーさんウッキーさんイズミさんGRIさんノブさん、いつも素敵なフライヤーを作ってくれ、keiさんにとても格好いい和歌山城Tシャツを作ってくれたあんちゃん、カナカナでの演出用の器を作ってくれた山本知絵ちゃん、たくさん宣伝して何かと手伝ってくれた和歌山ローカルSNS「Hi-Fa!」の運営者フナイくん、何もいわず楽しみながら手伝ってくれる友人さっちゃんと隣人、何かと力を貸して下さったたくさんの方々、そして、最後になりましたが、わずか半年のうちに和歌山までお越し下さり2日間に渡り素敵なライヴをして下さったEttのお二人と阿部万里江さん、本当にどうもありがとうございました!和歌山をご堪能いただけたようで、これからも折々にお越しいただきたいと思います。

本当に、皆様ありがとうございました!!!!!



b0097871_12252622.jpg
17日の小野町デパート3階。窓の外が青みがかっているのをわかっていただけますか?この色を背景にしてもらいたくて、夕方からの開演とさせていただきました。壁に隠れてわかりませんが、一部の座席からは和歌山城も見えます。そんな席に当たった方は非常にラッキーだったといえましょう。

薄暗く広い会場だったので私のデジカメと技術ではなかなかうまく撮影できてませんが、上記「Hi-Fa!」のフナイくんがとても綺麗に撮影してくれました。こちら



b0097871_1229695.jpg
さゆりさんの足元に灯りがありますが、18日のカナカナでは山本知絵さんが作ってくれた器に水を張りローソクを浮かべる、という演出をする予定でしたが、とても風の強い日で、ローソクを点けた尻から消えていくほどで、思うような演出ができませんでした。残念。唯一ローソクを灯してくれる月モチーフの器で一番大きな器を照らす、という演出にさせていただきました。他の器はステージに並べてお客様にご鑑賞いただきました。どれも可愛くて素敵な器でした。全部欲しい。

b0097871_1232442.jpg
keiさんのTシャツにご注目。Ettライヴ時のステージ衣装として全国のお城Tシャツをお求めだったkeiさん、和歌山城Tがなかったので、いつも素敵なセンスで私を楽しませてくれるあんちゃんに、特製和歌山城Tを作っていただきました。格好いいデザインです。お城らしい雄壮さ。本当に、あんちゃんという人のセンスは素晴らしいです。どうもありがとう。keiさんもお気に召して下さったご様子でした。

初めてのカナカナEttライヴは、想像以上のおさまりの良さ、というと何だか変ですが、カナカナという場所がEttを待っていたかのような相性の良さでした。勿論、小野町デパートは前回に続きいわずもがなの素晴らしさでしたが、カナカナEttもナカナカの素晴らしさ!アンプラグドという生音の良さを実感させて貰いました。

さて、お次はどこにお越しいただきましょうか、と妄想モクモクであります。
[PR]
by mizutama375 | 2007-11-24 11:55 | 音楽