*水玉舎の「水玉日記」です* 


by mizutama375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

わたぼうけ

b0097871_1595738.jpg

これまた以前のことだけれど、洗濯物を取り込んでたたんでいたら、ハンカチにアメンボみたいな綿帽子がくっついていた。ほわほわしていて、とても可愛らしい様子なので、温かい気持ちと一緒に部屋に舞い込んで来てくれたように思えた。土に播くと、何が生えてくるのだろう。やっぱり蒲公英かしら。

土に播く、といえば、昨年、たくさん花を咲かせてくれた朝顔も、今年はバタバタとした状況が続いたので、昨年なった種の種植えはおろか、何のお手入れも出来なかった。放っておいたまんまなのに、先日、布団を干しにベランダに出ると、鉢の一つに緑の小さいのんが、芽を出していた。昨年の種がはぜて、そのまんま土に埋まって、そして、不意に芽を出してくれたのだろう。嬉しいやら申し訳ないやら。



b0097871_212152.jpg

一体、何色の朝顔を咲かせてくれるのだろう。昨年は、紅、白、濃い青、薄い青、と植えたので、どの種が芽を出してくれたのかわからないけれど、手入れもなく芽を出してくれたその強さ健気さに、昨年よりも愛おしさが増す。

朝顔の花言葉は、「固い約束」、と、「儚い恋」、とある。互いに逆向きと思える言葉が、この花に同居しているのか、と思うと、納得できるようなできないような・・・。まぁ、花言葉なんてこっぱずかしくって、「ふーん」って感じだけれど・・・・・・というところが意識してるってことなのか。



タイトルは、昔、綿帽子のことを、何故だかこういう風に言っていたのを思い出したから。何だ、「わたぼうけ」って。

それにしても、花は勿論、種や芽の何と美しいことかねぇ。

ささやかだけれど、良いもの貰う日々。
[PR]
by mizutama375 | 2007-07-06 01:59 | 雑記