*水玉舎の「水玉日記」です* 


by mizutama375
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いよいよ明日、Ettライヴが和歌山のアンティークビルで!

b0097871_140613.jpg

いよいよ明日に迫ってきました、Ettライヴin和歌山、於、源's bar(小野町デパート3階)
上の画像は、夜になった源's bar。左の壁に飾られている月の絵が素敵な雰囲気を上乗せしています。昼の雰囲気とはまた違った趣です。ぐっとムーディです。でも、お子様もいらして下さいね。そんな、ほんわかな雰囲気も、Ettに合わせて演出できれば、と考えています。

b0097871_1461635.jpg

こちらの画像、先日のgrafでのライヴでいただいた「無茶の茶の、茶」を入れて下さったコップ。凝ってるなぁ〜。
この日のライヴも勿論、素晴らしかったです。ぽつりぽつりと、でも力強く、しっかり心に届きました。

5月には梅田Shangri-laにて、唄もののベテラン、ふちがみとふなとと。アンコールで、Ettとふちがみとふなととアコーディオンのまりえさんと演奏された「ほちほちと歩く」(「無茶の茶」にも入ってます)は、本当に本当に素晴らしくて泣けてきました。涙腺を随分と刺激され、しかも、酔っ払っていた私には、もう涙を流すしかありませんでしたね。

さて、和歌山ライヴでも、きっとそんな瞬間が、不意に訪れるのではないでしょうか。なんせ素敵な西本ビル、空に近い、源's bar。5月の心地よい風とともに、Ettの心地よい唄も、この素敵な空間に穏やかに、そして、凛々しくひびくことでしょう。



『Ett 3rd Album「無茶の茶」発売記念ライヴin和歌山』

2007年5月20日(日曜日)

@源's bar (小野町デパート3階・南海和歌山市駅より徒歩約10分)
 〒640-8224 和歌山市小野町3-43 西本ビル3階
 tel 073-425-1087 
http://www.onomachi.jp/

・開場 17:30/開演 18:00

・前売り、当日共に2,000円(Drink代500円込み)

・ご予約方法(会場設営の為、よろしければご予約お願いします)
   下記アドレスに「Ettライヴ予約」と件名にご明記の上、お名前、人数、ご連絡先をお知らせ下さい
         playa_song@yahoo.co.jp(水玉舎)

   もしくは西本ビル2階「cafe ゑびす(073-425-1087)」まで

・お問い合わせ先:playa_song@yahoo.co.jp(水玉舎)

●Ett(エット)プロフィール●
Kei(gt.ex.花電車)と西本さゆり(vo.)によるデュオ。
ガットギターと唄のみで、日本語本来の響きを大切にし、感傷に流されずに人の心を打つ歌作りを目指す。ようやく結成5年目を迎え、2007年発表する3rdアルバムはひとつの区切りであり新たな出発点である。結成当初の1stアルバム「Ett」(CCD-005)、ゲスト奏者も多い2ndアルバム「テンカラ」(CCD-008)もひっそりとロングセールを続けている。
・最近の共演者・・・ふちがみとふなと、オクノ修、いとうたかお、フェルナンド・カブサッキ、他

http://www.couplabel.com/ett/



こちら「SONGS」さんで、試聴できます。Ettのページはこちら↓。

http://www.songsrecords.com/shosai.php?in_keyword=ett&in_submit=search&submitbtn=Search



今月号のLマガジンのイヴェント欄にEtt和歌山ライヴの告知を載せていただいてます。

b0097871_14201923.jpg


また、JR西日本発刊のフリーペパー「旅こよみ」にも、イベントカレンダーのところに載せていただいてます。関西、北陸、中国地方のJRの主要駅と、九州は博多、小倉にて手に入れられるそうです。あとは、大阪のカフェでも。

b0097871_1422929.jpg
b0097871_14222731.jpg

こんな感じです。

で、

b0097871_14231688.jpg

そして、竹久夢二とEttの魅惑の(勝手に)コラボ。「無茶の茶」発売記念手ぬぐいと共に。何だか素敵な組み合わせではないですか!



いよいよ明日、お待ちしております。日曜日ですし、そして、お子様連れにもお越し頂きたくて、時間を早い目に設定しております。夕陽が綺麗な場所として密やかに有名な和歌山の夕暮れから夜にうつろうその時間をEttとあのアンティークな建物といっしょくたに楽しんでいただきたいです。

お待ちしております!
[PR]
by mizutama375 | 2007-05-19 13:51 | 告知